よくある質問

Q
弁護士への相談は、どのタイミングでしたらいいのですか?
A

そのこと自体を、ぜひご相談ください。初回のご案内は無料で承りますので、早い段階から今後の見通しを立てておきましょう。

Q
無料相談後、いずれ正式に依頼しないといけないのでしょうか?
A

そのような心配はご無用です。当事務所では、難度に応じて、ご自分で解決するためのアドバイスも行っています。弁護士が介入しなければ、費用は一切かかりません。

Q
初回相談に持っていった方がいいものを教えてください。
A

可能な限り、あらゆる資料をご持参ください。何がカギとなるかは、専門的な知見を持ってないと、なかなか判断できないと思います。また、関係者の相関図や時系列メモなどがあると、非常に助かります。

Q
どのような場合、離婚が認められるのですか?
A

婚姻生活を継続しがたい「重大な事由」があれば、離婚は認められます。詳しくは民法上に規定があるものの、それをどう適用するかが問われます。弁護士の腕の見せどころといえるでしょう。

Q
離婚が決まるまでの期間は、どれくらいなのでしょう?
A

相手方が申し出に応じるかどうかで変わってきます。離婚を認めない前提で、原因が明確であれば、3カ月から半年程度とお考えください。裁判になると、年の単位が必要になります。

Q
弁護士費用の分割支払いは可能でしょうか?
A

ケースによっては承りますので、ご相談ください。

Q
自分で離婚裁判を申立てようと考えていますが、注意すべき点があれば教えてください。
A

日本の場合、裁判の前に、必ず調停手続きを挟む必要があります。調停とは、専門家を中心とした委員会による話し合いの場です。ここで解決が得られない場合は、裁判官に判断をゆだねます。なお、判決は強制力を持ちますので、満足が得られなかったとしても従う必要があります。こちらの主張を通したい場合は、和解を利用することもご検討ください。

初回相談0円

離婚問題は「どれだけ早く動き出すか」が鍵です。浮気や不倫に伴う慰謝料や財産分与、婚姻費用などの金銭問題やお子さまの親権問題など、なんでもお気軽にご相談ください。弁護士が介入せずに解決できる問題なら、無料でアドバイスだけ行います。